2018年06月06日

まんじゅう型、たまご

ヤマノイモの葉っぱについていた卵。
直径は1.2mm程度

シャチホコガ科の卵0605.JPG

シャチホコガ科の一種ではないかと思うのだが、ヤマノイモを食べるって、誰?
もっとも、産卵したつもりの植物は別にあって、そこにヤマノイモが絡んでいたがゆえの、誤産卵という可能性も考えられる。
ちなみにこのヤマノイモの別の葉っぱにはキイロスズメ若齢幼虫もいた。

2012年4月に撮影した、オオエグリシャチホコの卵がこちら左矢印2
フジの葉うらについていた。


Y0120012.jpg

おへその色を除けば、良く似ている。


posted by やまかます at 01:00| Comment(0) |