2018年06月02日

歩くホタル幼虫

庭で、尺取り歩きするホタル幼虫がいた。
ホタル幼虫_7848.JPG

クロマドボタルの幼虫だろう。
本種の幼虫はオオマドボタルと酷似していて区別は難しいようだが、うちの庭ではまだオオマドボタルを確認できていない。


※オオマドボタルは、2012年5月27日に近所の畦道で撮影しているので、庭に棲息している可能性もある。

警戒すると頭部を胸のなかに引っ込める様子は、亀に似ている。
ホタル_3150.JPG

が、一旦警戒が解けて歩き出すと、撮影も追いつかないほどの速度で徘徊する。

ホタル頭_3151.JPG

クロマドボタル幼虫の餌は、ウスカワマイマイなど陸生貝類。
幼虫だがお尻に一対の発光器があり、夜になると連続的に光る。夜、薮を徘徊する妖しい光を見つけたら、
それはマドボタル類の幼虫である。


メスの成虫は、幼虫に成虫の頭をくっつけたような、オスとはまったく異なる姿をしている。
幼虫をもう少し見つけて飼育すれば、メス成虫を拝めるかもしれない。
posted by やまかます at 06:51| Comment(0) | コウチュウ