2018年06月30日

さなぎ2題

午後から雨も止んだので、都城市、「関尾の滝」の森を歩いた。
河川はかなり増水している。

「落ち葉にしては何か違和感があるな。ヤマナメクジかな?」
落ち葉に紛れたモザイク模様にそっと顔を近づけた途端、何かが弾けたように飛んだ。

落ち葉そっくりだったものは、ヤマナメクジではなく、
本物のマムシだった。飛んで来たのは、マムシの三角頭。
体を後ろにのけぞらせて、もう一度よく見れば、
とぐろの中央で、三角頭が次の攻撃態勢をとっている。
幸い小さめのマムシだったので、私の顔までは届かなかったが、これが30センチを越す大物であったならヤバかった、と思う。


このキノカワガの繭は24日に紡がれ、蛹化は28日だった。繭を葉っぱから外してずっと観察していたが、葉への付着面=繭の底面は糸壁が薄くて、中の様子がうっすら窺えるのである。

写真は撮影時に繭底面の壁を外してある。


キノカワガ_1315.jpg
キノカワガ_1308.jpg

22日に蛹化したコジャノメ蛹は、今朝のこと色付き始め、
701A7899.jpg

夕方にはさらに濃くなっていた。
701A7905.jpg
明日には羽化するだろう。
posted by やまかます at 20:10| Comment(0) |

2018年06月29日

緑色のキノコ

雨のなか、合羽を着ての撮影。
カメラもストロボもびしょ濡れだが、目の前の小さなキノコの名前が気になる。

キノコ_1209.jpg

キノコ_1225.jpg

ストロボはOLYMPUSのツインマクロSTF-8で、これは防塵・防滴仕様なので安心。
EOS80Dは雨対応でないが、結構ラフに使っている。少々濡れたって平気さ!と、調子にのっていると
そのうちトラブルに見舞われるだろう。が、意外とこのカメラはタフだ。
posted by やまかます at 21:14| Comment(0) | 菌類

2018年06月28日

クリスタル仮面

6月12日にふ化した幼虫が、本日の夜になって3回目の脱皮をした。
つまり4齢となったわけだ。


脱皮前の休眠時でも、刺激を受けると体を反り返して警戒怠りない。
IMG_1018-2.jpg

脱皮後は頭でっかちだ。_Z5A7138.jpg

_Z5A7142.jpg

4齢で終齢なのかどうかは?だが、もうどう見てもセダカシャチホコの幼虫であろう。

脱ぎ捨てた頭殻を拾って、撮影してみた。
_Z5A7145-2.jpg
posted by やまかます at 22:14| Comment(0) |

2018年06月27日

ヒグラシ

ゼンマイ仕掛けのおもちゃを思わせる鳴き声が森に響き渡る。
しかし、ヒメハルゼミは高い場所にいて、なかなか姿を見ることができない。
鳴き声に惑わされて、一旦はヒメハルゼミかと勘違いしたが、目の前にいたのは、ヒグラシだった。

とは言え、樹肌についた苔に見事に溶け込んでいる。
ヒメハルゼミ_0988.jpg
2メートル先にいたが、自分ながらよく気付いたものだと思う。

昨日と同じフィールドで、ベニツチカメムシのメス親たちが忙しく働いていた。
九州に移転するきっかけともなった虫の一つがベニツチカメムシだから、私の思い入れは強い。

ベニツチ♀_0925.jpg

森の木漏れ日に、ムラサキシジミ♀の姿もあった。
ムラサキシジミ_0833.jpg

ちょうど手にしていたカメラのレンズは35ミリマクロだったので、ライブビューモードにして、
片手でカメラだけをチョウに近づけて撮影。このときカメラの影が掛からないようにカメラ位置には注意を。


涼しげな滝の風景写真も、休憩タイムで、パチり。

滝_0841.jpg

posted by やまかます at 20:10| Comment(0) | セミ

2018年06月26日

平たいもの

ここの道沿いの草原では比較的、遭遇頻度が高い。

なにかと言えば、サツマヒメカマキリ
林縁に沿った草原というのが、条件として合っているのかもしれない。


今日も犬の散歩がてら、この辺りにいたりして、という期待を込めて眺めていたら、ほんとに目が合ってしまった。
ヒメカマ_0706.jpg

サツマヒメカマキリはすかさず、伏せの警戒姿勢をとった。
そこで背中から覗こうとしたら、翅を全開にして飛び去ってしまった。飛ぶか、ポロッと落っこちるか、
彼女らの反応はいつも機敏である。


飛び去る姿を目で追っていると、ひょろ長いものがチガヤの葉に。
ヒル_0708.jpg
クロイロコウガイビル、だろうか。

登り詰めてからUターンして下り始めた。餌でも探しているのだろう。餌はナメクジやカタツムリで、たしかにこの辺りには多い。
これはしかし「長いもの」が苦手な方には強烈な光景かもしれない。

キノカワガのほぼ完成した、繭。
キノカワガ繭_Z5A7132.jpg
繭の外形は、ボートを伏せたような、あるいはアオスジアゲハの蛹のような、流線型をしている。
茶色のアクセントはただの模様だろうか。
繭作りの工程はおおよそ予想できていたが、実際に見るのは初めてで、興味深かった。


今日の午前中は雨。鹿児島県東部の通い慣れたフィールドには正午に到着。
車のなかで弁当を食べ終わったころ、雨はピタリと止んだ。
ベニツチカメムシは、ボロボロノキの落果を運ぶメス親や、育児室でメス親が2齢幼虫に寄り添っているものや、すでに独り立ちして落果に群れている幼虫もいたりと、繁殖期の賑わい。
2か所で育児室内の様子をしっかり観察でき、撮影もできた。


2時間ほど撮影してから別の森へと移動して、本日のもう一つの目的に取り組むもなかなかうまくは見つからず。
しかし、副産物というべきか、ツチアケビを見つけた。
花はほぼ終わりかけで、実が太り始めていた。

ツチアケビ_0632.jpg
posted by やまかます at 20:55| Comment(0) | カマキリ

2018年06月25日

ヨガ体操

ホイホイ見つかる、クロヒカゲの幼虫。ほとんどが終齢である。

仕事部屋のすぐ外でも、4頭を継続観察中だったが、そのうち1頭が昨日、蛹化場所を求めて姿を消した。
で、今晩のこと蛹を1頭発見。この蛹は姿を消した1頭とは別個体であろう。
仕事部屋の扉を開けるとすぐ目の前に幼虫が見えるので、時間の空いたときにはまめに覗いている。


ヨガ体操_8486-1.jpg

大きく体を反らした姿勢を、10数分間以上、保持していた。このままでじっとしているだけ。
なんだこりゃ?
休憩を挟んでこのヨガ体操のようなことを、数回行っていた。
一体この運動?どんな意味合いがあるのだろう。4頭が皆やる訳ではなく、写真の1頭だけ。


クロヒカゲ幼虫を見ているすぐ隣には、ミナミマエグロハネナガウンカ
本種の幼虫は朽ち木に生えるキノコを餌にして育つようだ。したがって羽化場所は朽ち木で、いつも成虫を見かける場所とはまったくかけ離れている。

ミナミマエグロ_8466-1.jpg

ミナミマエグロ_8468-1.jpg

しかし、なんでいつもこう翅をV字型に立てているのだろう?
風が強いときには難儀するだろうに。
羽化直後は折り畳んでいるが、成虫になってからも畳むことができるのだろうか?
翅を畳んでいる様子は一度も見たことが無い。


今日の夕方、キノカワガの幼虫が繭作りを始めた。カキの葉裏にボート型の繭を紡ぐ。
posted by やまかます at 21:18| Comment(0) | カメムシ

2018年06月24日

キケロ星人

家庭菜園の胡瓜に、ノコギリカメムシがいた。
胡瓜はノコギリカメムシのホストの一つで、ここで産卵し繁殖することもある。

ノコギリカメムシ_0319-2.jpg

ノコギリカメムシを見るたびに想い出すのが、特撮TV「キャプテンウルトラ」のキケロ星人。
危険を察知すると首をすっこめて、岩に変身できるのがキケロ星人の得意技であった。


「キャプテンウルトラ」のテーマソングのソノシートが漫画本の付録だったと思うが、繰り返し聴いては歌っていた。このテーマソングは一番だけだが、「タイガーマスク」の主題歌とともに、今でもしっかり憶えている。

posted by やまかます at 20:41| Comment(0) | カメムシ

2018年06月23日

だるま

朝から雨。
講演に出掛ける時間帯がとくに激しく、道路があちこちで冠水していた。
庭のヒマワリでは、大きなツチイナゴが全身びっしょりになって、雨に耐えていた。

ツチイナゴ_5454-2.jpg

昨日早朝、コジャノメ幼虫が蛹化した(午前4時30分頃)。

コジャノメ前蛹_Z5A7056-2.jpg

重力に逆らった前蛹の姿勢が、人の目にはえらく辛そうに見えてしまう。
蛹化脱皮の瞬間を撮影しようと狙ってはみたが、深夜の見張りにも限界があり、ハッと気付いたときにはすでに脱皮が完了していた。

コジャノメ蛹_Z5A7079-2.jpg

19日には2齢であったシャチホコガ科の幼虫が、3齢になった。
まだ自信はないが、セダカシャチホコではないか、と思う。本種はうちの林では多いほうだ。
休憩時はこうして行儀良く主脈上に留まる。

セダカシャチホコ3令_0185-2.jpg

成虫はこちら。
セダカシャチホコ9026-2.jpg

小学館の図鑑NEOシリーズの新刊『イモムシとケムシ』が昨日、発売となった。

チョウとガの幼虫が1,100種も載っている。これだけの種数の幼虫と成虫の写真を揃えるのは、並大抵の努力でできるものではない。未知だった成虫と幼虫を符号させる作業については、ともかく時間と根気が必要で、まさに本書は労作の極みとも言える。

イモケムNEO.jpg
posted by やまかます at 17:56| Comment(0) | イモムシ

2018年06月22日

梅雨、小休止

今日の晴れ間が明日だったら、とは思うが、明日の午前中に予定していた観察会は中止とした。
天気情報によると明日は、雨の確率が80〜100%。
中止を決める前に、観察会現場の上米公園で下見だけはしておいた。


歩き始めてすぐ、ジャコウアゲハ♀が日光浴をしていた。久しぶりに味わえた日光浴であろう。
ジャコウ_9893-2.jpg

40分ほど歩いてコースを確かめたが、キブシの葉裏で見つけたハネナガウンカの一種が気になった。
スケバコウモリハネナガウンカ_9941.jpg
最初、スケバコウモリハネナガウンカかと思ったが、翅の形がかなり違うようだ。

自宅近所のハルニレ樹液は、クワガタのペアで賑わっていた。


コクワガタ。
コクワ_0134.jpg

ヒラタクワガタ。
ヒラタ_0147.jpg

明日の観察会は中止となり、室内で講演会をすることになった。
子ども達は外を歩いたほうが楽しいだろうとは思うが、雨では仕方が無い。
posted by やまかます at 21:40| Comment(0) | 日記

2018年06月21日

かお


過去11年間、三股町内でシロスジカミキリを見た事が無い。

これまで撮影できた場所のほとんどは、愛媛県松山市で、実際、松山には多い。

ところが、小雨降りしきる中、はじめて三股町内でシロスジカミキリに出会えた。


シロスジカミキリ7873-2.jpg

手で摘むとキイ〜キイ〜キイ〜♪の発音がいつまでも止まない。
三股町内でも本種の産卵痕はあちこちで見ているが、どれも大木となっており当然、かなり古いものだ。でも、どこかでひっそりと発生しているのだろう。
シロスジカミキリ7879-2.jpg

この時期は、探さなくてもヒョイヒョイとクロヒカゲ幼虫が目に入って来る。
今日の幼虫は、ツノが折れ曲がっていて、ちょっと滑稽だった。


クロヒカゲ_9746-2.jpg

脱皮直後に、ツノは初め折れ曲がっているが、時間とともに伸び上がる。
写真の幼虫はしっかり色付いてもいるので、脱皮直後ではない。
どうしてこんなけったいな事になったのだろう?

クロヒカゲ幼虫のツノの長さには個体差もあって、かなり短い場合もあるが、折れ曲がりは初めて見た。


本日、午後6時50分、うちの林でヒグラシが鳴いていた。
posted by やまかます at 20:38| Comment(0) | コウチュウ

2018年06月20日

ツノ出せ、ヤリ出せ

午後6時ころ、ひとしきり降った雨が小休止。
玄関に出てみると、ふと足下のネザサに大きな食痕が見えた。
一段下の齧られていない葉をめくってみれば、久しぶりに見るイモムシが行儀正しく佇んでいた。

サトキマダラヒカゲの幼虫。

サトキマダラヒカゲ幼虫9474-2.jpg

元気に歩く、コハクオナジマイマイ

このカタツムリは、マドボタル類幼虫の餌として入れてあった。しかし、幼虫は満腹なのかだいぶ前からじっとしたまま。
カタツムリだけが飼育ケースの中を歩き回っている。

ウスカワマイマイ_9650-2.jpg
posted by やまかます at 22:47| Comment(0) | チョウ

2018年06月19日

なりきり

川岸の板壁に、カジカガエル

カジカ_9474-2.jpg
幼いカジカガエルは、昨日、美郷町の石峠レイクサイドにて。

イヌビワの葉裏に、イシガケチョウ蛹。
イシガケチョウ蛹_9517-2.jpg
この蛹は仕事部屋のすぐ傍。

青梅そっくりのお顔は、シャチホコガ科の幼虫(2齢)。
先日、12日にふ化した4兄弟で、皆元気にクヌギを食べている。

かお_3882-2.jpg
posted by やまかます at 18:34| Comment(0) | 両生類

2018年06月18日

ボロボロノキは、実で見つかる

日向市のホテルを出て、美郷町役場まで40分。
昨夜はしこたま雨が降ったが、今朝は曇りで蒸し暑い。


水滴_9408-2.jpg
クサグモの巣網に昨夜の雨滴。

8月に予定している観察会の下見で美郷町の公園を歩いた。
そこのクリ園で久々にオトシブミを見た。
11年ぶりだ。

オトシブミ_9423-2-2.jpg
すでに葉縁両端から切れ込みが入っていて、メスは葉に折り目をつけているところだった。
全身の力を込めている様子が、なんとも見る者を惹き付ける。


足下に木の実が落ちていた。ボロボロノキの実である。
ボロボロノキ実_9466-2.jpg
頭上を見上げたが、ボロボロノキがすぐには見つからなかった。

それもそのはず、樹幹は苔にびっしり覆われており、何の樹なのかまったく検討の付けようがない。
しかも低い位置に枝葉はなく、かなり高所に特徴のある梢がようやくのこと拝めるだけ。
スダジイの大木に挟まれた位置に生えているので、これらに遮られていたのだ。
よくよく見れば実は多数ころがっていたが、うっかりすると見落としてしまいそうだった。
美郷町でもベニツチカメムシ成虫はよく見かけるそうだ。

posted by やまかます at 21:08| Comment(0) | コウチュウ

2018年06月17日

リョウブの花に緑金色

快晴の下、八幡浜から臼杵へ向かう航路の海上は穏やかだったが、
延岡に入る辺りから曇り空となった。ときおり小雨がパラつく。


延岡の平地のフィールドを歩いてみた。

ベニツチカメムシの様子を見て回り、ふ化幼虫や2齢幼虫を落ち葉の下で確認。
卵殻を囲んだキマダラカメムシの1齢幼虫群もいた。

リョウブが花盛りで、色々な昆虫が来ていた。
アオスジアゲハ、ホソコハナムグリ、クマバチ、アオハナムグリ、ヒメコガネ、、、、、、、
そして、交尾カップルの大型カミキリムシ。


アオカミキリ_9346.JPG

緑金色ではあるが、これはムラサキアオカミキリであろう。曇り空で日射しがなかったのが残念。肉眼だとほぼ真っ黒にしか見えない。


しっかり色を見ておきたかった。にわか白ホリゾントを組み立て、メスを撮影。

アオカミキリ♀飛翔_9399.JPG

普段は上翅の下に隠れて見えない、腹部背面の紫色が鮮やかだ。

落ち葉を搔き起こしていた私に、4歳かな?男の子が「おじちゃん、なにしてるの?」と寄ってきた。
ボロボロノキを指差して、赤いカメムシを探していることを説明すると、男の子も枝を拾ってまねを始めた。
その子のお母さんもすぐ後ろにやってきた。
見つかったのはベニツチカメムシのメスの死骸だった(まだ死んで間も無いようで、仔カメムシが傍に群れていた)。少し赤いカメムシの習性について話をしたら、飽きて離れていくかな、と思いきや、このあとも、男の子はお母さんを手招きしては、移動する私の後ろを金魚のフンのように付いてくる。
結局、私はこの初対面の親子としばらく観察歩きとなった。クワガタムシはいなかったけれど、楽しめたかな?
30分ほどのプチ観察会だった。




posted by やまかます at 17:45| Comment(0) | コウチュウ

2018年06月16日

浄瑠璃寺

午後から少しだけフィールドに出てみた。
四国八十八カ所、第46番札所の「浄瑠璃寺」の裏手にある、蓮池。
南九州ではとっくに終わったゲンジボタル(♀)がまだいた。


ケンポナシの花が満開。たくさんのニホンミツバチが来ていた。

ケンポナシ_3795.JPG


オオシオカラトンボ2♂。あと一頭は無理か、、。
オオシオカラトンボ_3808.JPG
サラサヤンマ♂はなわばりを行ったり来たり。飛翔はお尻から見た写真ばかりになった。
サラサヤンマ」_9301.JPG

ヤゴの羽化殻は、サラサヤンマ?
ヤゴ_3847.JPG

サラサヤンマの飛翔写真がうまく撮れないまま、やがて姿を見失ったが、そのすぐ傍の梢に
ひときわ派手な色の、アカヒトリがいた。


アカヒトリ_3834.JPG

 ヤゴ殻の正体は、マルタンヤンマのようです。全体のシルエットや頭部の形状、そして撮影場所等、でトンボ屋さんだとすぐわかるそうです。ご教示いただいた尾園暁さんに感謝致します。私のようなトンボ初心者は、図鑑「日本のトンボ」(文一総合出版)を常に携行して、自宅用、持ち出し用と、2冊は揃えるべきかと思いました。改訂版も出ているようですね。
posted by やまかます at 18:49| Comment(2) | トンボ

松山のチンチン電車

四国、愛媛の高速道に入るとすぐ、大きな入道雲が(6月15日)。

IMG_20180615_173230.jpg


カラッと晴れて気分爽快。
フィールドを歩きたいところだが、今回は法要がある。

ホテルに荷物を置いて、従兄弟の経営する居酒屋へと向かう。
久しぶりに路面電車に乗ってみた。

IMG_20180615_191937.jpg

法要が終われば、松山のフィールドを少し歩いてみよう。

posted by やまかます at 08:14| Comment(0) | 風景

2018年06月14日

ノコギリクワガタ

今日もノコギリクワガタが2ペア、樹液に来ていた。

ノコギリクワガタ_8326-2.jpg

樹液を吸っているメスに比べて、オスの体はずいぶん小さい。
もう一組のオスもほぼ同じ体格だった。

庭のクヌギにどれくらいの数のノコギリクワガタが来ているのだろう。
posted by やまかます at 21:51| Comment(0) | コウチュウ

2018年06月13日

ぬけがら〜 ぬけがら〜ヒメハルゼミ

昨日、目の高さにあった、ヒメハルゼミの抜け殻。

ヒメハルゼミ抜け殻7743-2.jpg

こんな場所なら探す苦労もなく、羽化シーンも手軽に撮影できたことだろう。
問題はタイミング。

抜け殻をしっかり見ておきたいので持ち帰って撮影しておいた。
ヒメハルゼミ抜け殻9261.jpg

抜け殻が見つかったのは近くの公園だったが、鳴き声は聴こえなかった。
今日の午後、日南市の山中でようやくヒメハルゼミの鳴き声を聞くことができた。もう初夏の気分だ。

シロヘリカメムシ、ヒサゴクサキリ、ウスキシャチホコ、タケカレハ、タケノホソクロバ、タケトゲハムシ、
クロヒカゲ、、、、、など今の時期にタケ、ササ類で見られる幼虫の種類は多い。
そして、もう一種、猫顔のコジャノメも見つかる。


IMG_3768.jpg
posted by やまかます at 23:23| Comment(0) | セミ

2018年06月12日

ちまきが旬

照葉樹林の林床に緑色のちまきがたくさん落ちている。

ちまき7725-2.jpg

頭上を見上げれば、タブノキの大木が林の天井を覆っている。

ちまきの正体は、タブノキハマキホソガの幼虫巣
幼虫は成熟するとちまき型の巣カプセルを自ら切り落とすようだ。もっとも切り落とす現場をまだ見たことが無い。

しばらく幼虫巣に留まっているが、やがて外に出て落ち葉の表面に小判型の繭を紡ぐ。


ゴマダラカミキリのメスがいた。羽化してまだ日が浅いように思える。
メスらしい、ボッテリとした体型。

ゴマダラ_9173-2.jpg
posted by やまかます at 21:31| Comment(0) |

ヘイケボタル

昨夜、庭に立っていた私の足下に、ヘイケボタルが着地した。
ヘイケボタル_8924-2.jpg

先日からカワセミの鳴き交わしが盛んになって、庭の上空をまっすぐに飛翔する姿をよく目にする。
カワセミの囀りは林の下にある池に集中するが、ヘイケボタルはその池で発生している。

ヘイケボタル_8861-2.jpg

剪定したクヌギの葉に卵が並んでいた。
明らかにシャチホコガ科の卵で、しかも幼虫の口や体毛が透けて見えていた。種名が知りたくて、部屋に回収しておいたところ、12時間後にふ化した。


ふ化幼虫_3729-2.jpg

ふ化幼虫はしばらく休憩したあと、自分が入っていた卵殻を底だけ残して食べる。
何故か左端の一匹は食べ残していたし、右端の卵の場合も、最後にふ化したあと自分のではなく隣のわずかに残った卵殻を少し齧っただけで、プイッと去ってしまった。

蛾や蝶のふ化幼虫は、卵殻を最初に食べる習性が広く見られるが、
食べても食べなくても、それがのちのちの成長に影響しないとされている。
同じ兄弟でも、食べたり食べなかったりと、幼虫でも個性があって面白いと思った。
posted by やまかます at 05:55| Comment(0) | コウチュウ