2018年05月29日

新居

先週、竹筒アパートを更新しておいた。古い竹筒は中を点検してから廃棄。
ハキリバチの一種、オオフタオビドロバチ、エントツドロバチ、オオハキリバチ、コクロアナバチ、と
営巣していたハチ達の顔ぶれは例年通りだ。


昨日、小雨のなか覗き込んでみれば、さっそく新居でコクロアナバチが仕事を終えていた。
竹筒_7095.JPG
竹筒は冬の間に切り出し、3ヶ月ほどしっかり乾燥させてある。片方に節を残して長さは20センチ。
あまり長いとハチが営巣しないようだ。

目線よりちょいと上、枯れ葉に紛れるようにヤハズカミキリが。
こういうときはカメラをライブビューモードにして、万歳の格好で撮影。

ヤハズカミキリ_7140.JPG

少し離れた場所ではイタドリのテーブルにデンと構えたのがいた。
ヤハズ_7218.JPG

ヤハズカミキリが抱きついていた枯れ葉はムラサキツバメ幼虫が潜んでいた巣跡だ。よく見ると空になった幼虫巣がたくさんあった。

撮影場所は延岡市の愛宕山。
雨を覚悟していたが現場では降ることもなく、予定通りの観察と撮影ができた。
先月から継続観察している虫だけでなく、他にも興味深い発見があった。



posted by やまかます at 06:27| Comment(0) | ハチ・アリ