2018年05月09日

小さな卵

あれ?こんなに小さい?
久しぶりに見たせいか、それとも視力が落ちたせいか、ほんとに
ミカドアゲハの卵
と、しばらくは疑ってしまった。
ミカドアゲハ卵_2601.JPG
近くの公民館では先日、一斉清掃の際にカラカネオガタマの樹が伐採されてしまった。道路にはみ出ていたからだ。しかし、幹は二叉になっていてもう一方の幹は残っていた。
なので、さっそく若葉を手にとってみた。


今春、ミカドアゲハの姿をよく目にするから、公民館の裏手にあるカラカネオガタマでもすでに産卵しているだろう、と目星をつけた。
小さい卵がすぐにも4個発見できた。

ミカドアゲハ卵_2605.JPG
写真は、同じ卵を角度とライティングを変えて撮影している。
卵殻を透かして幼虫の体の模様がうっすらと見えている。数日後にはふ化しそうだ。
posted by やまかます at 21:16| Comment(0) | チョウ