2019年04月22日

うんち虫と、メイフライ

道端にニョキニョキ、槍のような姿のイタドリ。
その群落を眺めていると、鳥の糞そっくりの、小さなカミキリムシがいた。


4月22日.jpg


体長9ミリほどの、ナカジロサビカミキリ

4月22日-2.jpg


先日、講師を務めた観察会では、思わずホンモノの鳥の糞を虫に間違える、という逆のことをやらかした。
糞そっくり虫をアレコレ知っていることが、アダになったわけだ。


平地ではどうやらタイミングを逃したある虫の行動を追って、今日は少しばかり標高の高いフィールドを巡ってみた。しかし、お目当の虫は見つからなかった。
結構あちこち見て回って、少しくたびれた頃、モンカゲロウの姿が目に入った。


4月22日-3.jpg
posted by やまかます at 20:07| Comment(0) | コウチュウ

2019年04月21日

花上のドローン

ヴィ〜〜〜〜〜〜ン。ヴォ〜〜〜〜〜〜〜ン。

ツツジの花には多数のキイロアシナガコガネ、

4月21日-3.jpg


コアオハナムグリが、訪れている。
4月21日-2.jpg


コアオハナムグリは前翅を閉じたまま、後ろ翅だけを使って飛翔する。
まさに、サンダーバード2号!

4月21日.jpg


ずっと観察を続けているサクラの葉裏で、アミダテントウが休んでいた。

4月21日-4.jpg


アミダテントウは、アオバハゴロモの幼虫を捕食するらしいが、まだその現場を見たことがない。
posted by やまかます at 20:24| Comment(0) | コウチュウ

2019年04月20日

モビング

只事ではない、という騒ぎ方。
いや、いつもの喧騒どころではない。


4月20日.jpg


育雛で忙しいスズメ夫婦たちがこぞって集結し、見つめる視線の先には何かある。

私が近づいてもすぐには逃げようとしないのも、逼迫した事態を物語っている。

「ははあ〜ん、これはアレだろうな」」という直感は的中。

4月20日-2.jpg


アオダイショウがヌルリと姿を現した。
体の模様からよくマムシに間違えられるが、これはアオダイショウの若い個体。
アオダイショウがいたクヌギは、スズメ達が営巣している巣箱から4メートルほどの距離。
ここまで巣場所に近いと、スズメ達も黙ってはいられまい。
撃退する術がないにしても、騒いで必死に抗議する姿は、やはり子の親である。


近所のサクラにナナフシの幼虫が多数ついていた。

4月20日-3.jpg


ナナフシの子らを守ってくれる親は、すでにいない。
運次第で生き残れるかどうかが決まる。
posted by やまかます at 20:42| Comment(0) | とり

2019年04月19日

ジィ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜♫

午後7時16分。
仕事部屋は、「ジィ〜〜〜〜〜〜♫」という虫の鳴き声に取り囲まれていた。

「どれどれ、どこにいるんだい?」とサンダル履いて草むらを覗き込む。
ほんの目の前で騒がしく鳴いているのだけど、かと言ってすぐには姿が見当たらない。

ようやくのこと姿を現したのは、褐色のシブイロカヤキリ


4月19日.jpg


前翅を擦り合わせて発音しているのがよくわかる。
懐中電灯を当てても平気だ。もちろん、振動はいけない。すぐに鳴き止む。
しばらくすると、近くで仲間が賑やかに鳴いているから、それに釣られて演奏再開。

アレ!? 鳴きやんだかと思えば、前翅、後ろ翅を大きくX型に拡げた。

4月19日-2.jpg


後ろ翅を細かく震わせているけれど、これでは発音できない。
音ではなく、何かを風で送り出しているのか?


今日はヒゴトゲハムシを見つけることもできなかったが、
ヤブムラサキに、ヨツスジノメイガ幼虫がいた。派手な姿でよく目立つ。

4月19日-4.jpg


ナルコユリの花蕾もだんだんと膨らんできた。

4月19日-5.jpg


林の天井に広がっているのはイヌビワの若葉。
4月19日-3.jpg
posted by やまかます at 20:33| Comment(0) | バッタ

2019年04月18日

Davidius

ダビドサナエの羽化が、午前10時頃から始まり、そして11時にはピークを迎えた。

4月18日-3.jpg


そこにもここにも、ヤゴが次々と上陸して、水面から出るやいなや、羽化はすぐに始まる。

4月18日-4.jpg


翅が伸びきった後、お尻から水滴が排出される。
長かった水中生活を卒業するわけで、体内をたっぷり満たしていた水ともお別れ。

4月18日-5.jpg

4月18日-6.jpg


一眼レフカメラで水滴の落ちる瞬間を捉えるのは、ちょいと厄介だ。

今ではプリキャプチャモードという、どんな瞬間も逃さない便利な機能を持ったミラーレスカメラがあるけれど、
私は持っていない。
一発押しのガチンコ勝負なのだ、今もって。

翅が伸び体がまだ色付く前に飛び立つ瞬間。これはさすがに撮り逃してしまった。

鹿児島県、曽於市にて。

さて、昨日観察したヒゴトゲハムシの産卵痕(A)だが、
今日再び同じ葉を見上げてみれば、産卵痕が一つ追加(B)されていた。


4月18日-8.jpg


ふむ、となると、昨日、葉表に戻っていたのは、2回目の産卵をする気になったからなのか?

で、その産卵痕が2個ある葉のすぐ近くに、ヒゴトゲハムシのシルエットがあった。
つまり葉表にいたのである。

4月18日-7.jpg


なんと!よ〜く、よ〜く、見つめてみれば、お尻の辺りが白く透けているではないか!
これはどうやら、産卵の準備、あるいは産卵途中なのではないか!
どうやって葉表面を切り開いたのかは知りようもないが、これから卵を葉肉内に埋め込むところ、
ではないだろうか?

けれど、結局、産卵は行わずプイッとその場から離れてしまった。
なんで?


濃い霧の朝、うちの林のド真ん中にあるイチイガシ
4月18日.jpg

昨年、コマ打ちしたクヌギのほだ木は、このイチイガシの根元に転がしてある。
4月18日-2.jpg
posted by やまかます at 21:34| Comment(0) | トンボ